政治

立花孝志氏N国党から都知事選立候補表明|ホリエモン新党からの変更の理由とは?同姓同名戦略も!

  1. HOME >
  2. 政治 >

立花孝志氏N国党から都知事選立候補表明|ホリエモン新党からの変更の理由とは?同姓同名戦略も!

NHKから国民を守る党(N国党)の立花孝志氏は12日、記者会見で2020東京都知事選挙(6月18日告示・7月5日投開票)への立候補を表明しました。

かねてから表明していた「ホリエモン新党」ではなく、N国の公認からの出馬へと変更した形です。

その理由とはなんでしょうか?

広告

立花孝志氏「N国党から都知事選出馬」

立花氏は、5月26日に記者会見を行い、政治団体「ホリエモン新党」の立党を宣言。

同党の公認候補として都知事選挙に出馬することを表明していました。↓

関連記事
都庁正面から
「ホリエモン新党」でも堀江氏擁立なし!N国党首立花孝志氏自ら都知事選立候補へ

続きを見る

ところが、6月12日の記者会見では一転。

自身はN国党からの公認として出馬し、「ホリエモン新党からは別の候補者を擁立する」考えを表明。

そして、「別の候補」とは小池百合子都知事の同姓同名者であると示唆しています。

 

追記:17日、ホリエモン新党からは堀江氏の秘書のさいとう健一郎氏が立候補しました。

堀江氏の立候補はなく、同姓同名戦略も見送られました。

広告

立花孝志氏の出馬政党変更の理由

東京都第一本庁舎

立花氏が告示直前の今になって出馬政党を変更する理由としてあげたのは、「れいわ新撰組」の山本太郎氏の存在でした

山本太郎氏は、ここのところ都知事選への出馬がささやかれています。

立花氏は、「もしも山本氏が公党であるれいわ新撰組から出馬すると、政治団体であるホリエモン新党公認では立場が違い、テレビなどへの出演の機会が減るのでは」と思い至ったとのことです。↓

都知事選出場の可能性が取りざたされている「れいわ新選組」の山本太郎代表(45)について、「(山本氏が出馬して)れいわ新選組公認の山本太郎さんとなった場合に、ホリエモン新党公認の立花では、一方は公党で、一方は政治団体なので、『山本太郎さんしかテレビに呼びません』と言われかねない。ならば条件を合わせたいということで、公党の推薦(公認)を受けた山本太郎さんと立花孝志という構図にしたかった」とも話した。(6月12日・スポーツ報知)

なるほど、納得です。

ものすごく「れいわ新撰組」の山本太郎さんを意識しているのですね!

まだ山本氏は都知事選に出馬することは確定していませんが、対決の構図が楽しみになってきました。

立花氏の公認変更についてのネットの声

https://twitter.com/whiterose_riko/status/1271420233614364674?s=21

https://twitter.com/takako_19/status/1271411645835706370?s=21

立花氏「小池百合子氏の同姓同名戦略も」

また、立花氏はかねてから「都知事選挙には小池百合子氏の同姓同名 候補を擁立する」考えを述べていましたが、その戦略を撤回するつもりはないようです。↓

関連記事
東京都庁全景
「同姓同名の小池百合子さん求む!」2020都知事選へのホ新党代表・立花孝志氏の戦略とは!?

続きを見る

また立花氏は自身の出馬とは別に、現職で出馬が確実視されている小池百合子都知事と、同姓同名の無所属候補を出馬させること発表した。同氏は「(同姓同名の)小池百合子さん以外にメリットはない。同姓同名戦略はネット投票実現への布石」と語った。(6月12日・日刊スポーツ)

https://twitter.com/beguirama/status/1271381438487621634?s=21

本当に同姓同名の小池百合子さんが当選してしまったら、確かに都民は混乱します。

ここはぜひ、真面目な論戦を期待したいところなのですが。

 まとめ

  • 立花孝志氏は、ホリエモン新党ではなくN国党公認候補として2020東京都知事選挙への立候補を表明
  • 変更に際して意識したのはれいわ新撰組の山本太郎氏の存在
  • N国党は政党だがホリエモン新党は政治団体
  • 山本氏が公党代表として出馬するなら同じ公党党首として立場を合わせたい
  • ホリエモン新党からは別候補を立てる予定
  • その候補者は小池百合子都知事と同姓同名であることを示唆

立花氏、相変わらずのお騒がせぶりです。

ラクダは考える

都庁第一本庁舎

ここのところ立花氏をずっとウォッチしてきているのですが、何を目的として動いているのかが本当に謎な人だと感じます。

以前立花氏が「NHKから国民を守る党」を立ち上げた時、何かと批判の多いNHKの受信料に関する国民の声を盛り上げて、改革につなげようとしているのではないかと期待したものでした。

 

ところがそれ以後の立花氏の活動を見ていると、どうもそのようには見えないのです。

特に最近、党名を「NHKとコロナの自粛から国民を守る党」に変更する意向を表明。(5月8日・毎日新聞)

訝しく思っていたところ、やはり党名は変更しないことになったようで、もしや情勢をかき回すのが目的なのかもと思うに至りました。

 

今回もこのようにホリエモン新党から立候補→N国党からへと変更されたことで、その思いがますます深まってきているところです(苦笑)。

6月13日現在はこのような状況ですが、またそのうち思わぬかたちへと変更されるかもしれません。

その節にはまたお知らせしていきたいと思います。

 

12日、現職の小池百合子都知事はいよいよ都知事選挙への正式な出馬を表明。

まもなく18日の告示日を迎えます。要注目です!

 

こちらの記事もおすすめです。↓

関連記事
東京都庁全景
ホリエモン新党から出馬のさいとう健一郎氏はどんな人?堀江氏の秘書が都知事選立候補!

続きを見る

広告

-政治
-

© 2020 街に住むラクダ Powered by AFFINGER5