話題

藤野涼子のプロフィールと経歴は?「青天を衝け」渋沢栄一の妹役で大注目!家族構成や彼氏の存在が気になる

  1. HOME >
  2. 話題 >

藤野涼子のプロフィールと経歴は?「青天を衝け」渋沢栄一の妹役で大注目!家族構成や彼氏の存在が気になる

7月10日、2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の配役が発表されました。

今回発表されたのは渋沢栄一の家族・親族や物語前半の主要人物などのキャスト20人。

このうち、渋沢栄一の妹渋沢てい役に若手実力派女優として期待される藤野涼子がキャスティングされています。

大河ドラマ初出演となる藤野涼子の経歴とプロフィールを調べてみました。

広告

藤野涼子のプロフィール

生年月日 2000年2月2日
出身地 神奈川県横浜市
身長 162cm
血液型 B型
本名 非公開
趣味 読書・映画鑑賞・編み物
特技 ヒップホップダンス・テニス
目標とする女優 吉永小百合

藤野涼子のプロフィールは上の通り。

写真を見ると、まさに「清楚」という言葉がぴったりの可愛らしさ。

2000年生まれということはまだ20歳!

その若さでNHK大河ドラマにレギュラー出演とは大変なことです。

いったいどんな経歴の持ち主なんでしょうか?

広告

藤野涼子の学歴

藤野涼子の学歴

  • 出身小学校:不明
  • 出身中学校:不明
  • 出身高等学校:神奈川県内の公立高校普通科(横浜清陵総合高校説が有力)
  • 大学へは進学せず

藤野涼子は公立高校出身のためか、自身の学歴を明らかにしていません。

現在のところ、横浜市内の小中学校を卒業して公立高校へ進学、卒業したとの説が有力です。

藤野涼子のデビューのきっかけと女優としての経歴

藤の花

藤野涼子の女優としての経歴と受賞歴をまとめてみました。

2011年 タレントまたは女優を志し芸能事務所に所蔵
2014年 宮部みゆき原作映画「ソロモンの偽証」オーディション合格(テアトルアカデミー所属)
原作者宮部氏の快諾を得て芸名を役柄名の「藤野涼子」とする
2015年 「ソロモンの偽証」前後編で主役を好演
第40回報知映画賞新人賞・第39回日本アカデミー賞新人俳優賞・第25回日本映画批評家大賞実写部門新人女優賞(小森和子賞)など各賞受賞
2016年 テアトルアカデミーからケイファクトリーへ移籍
2017年 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」兼平豊子役
2018年 映画「輪違屋糸里〜京女たちの幕末〜」主演・天神糸里役
2019年 NHK「腐女子、うっかりゲイに告る」ヒロイン・三浦紗枝役  神奈川県統一地方選挙イメージキャラクターに起用
2021年 NHK大河ドラマ「青天を衝け」渋沢てい役と発表

以上が藤野涼子の経歴・受賞歴です。

比較的早い時期から女優やタレントなどの仕事に興味を持ち、11歳で芸能事務所に所属しているのが印象的です。

自身の女優としての資質に早い時期から目覚めていて、積極的に努力していた様がうかがえます。

 

デビューのきっかけとなった「ソロモンの偽証」は、14歳の時にオーディションに挑戦

わずか3回目のオーディション挑戦にもかかわらず、10000人の中から主役「藤野涼子」に抜擢されました。

やはり、彼女の演技力が頭抜けていたということではないでしょうか。

この作品の演技により各新人賞を総なめ。芸能界期待の新人として歩み始めることになったのですね。

 

映画「ソロモンの偽証」も観られる!U-NEXTの31日間無料プロモーションはこちら↓

U-NEXT31日間無料トライアル

藤野涼子の家族や彼氏の情報

藤野涼子が神奈川県出身で、「一人っ子」として育ったらしいということはわかっています。

が、ご両親がどんな方なのかという情報はありません。

ただ、11歳の時点での彼女の希望を取り入れて芸能事務所への入所を認めるなど、芸能関係に理解の深いご両親だとわかります。

 

また、「藤野涼子」というキーワードでググると「結婚」とか「結婚相手」という言葉が出てきます。

この若さでもう結婚!?と驚きましたが、実は「ソロモンの偽証」の役柄である「藤野涼子」がのちに結婚するというネタバレから来たものとわかりました。

 

あるいは、結婚まではいかなくとも彼氏はいるのでしょうか?

調べてみましたがこちらも情報はなし。

今は仕事に夢中でそれどころではないのかもしれませんね。

藤野涼子大河ドラマ初出演に関するネットの声

「藤野涼子ちゃんが大河に出る、楽しみ!」という声多数。

「ソロモンの偽証」または「腐女子〜」で彼女の演技力を知りファンになった人多し。

私も来年の大河が楽しみになってきました!

まとめ

渋沢栄一生家

  • 藤野涼子が2021年「青天を衝け」渋沢栄一の妹「渋沢てい」役で大河ドラマ初出演
  • 藤野涼子の出世作は宮部みゆき原作映画「ソロモンの偽証」
  • 宮部氏の快諾を得て役柄名「藤野涼子」を芸名に
  • 同作で2015年の新人女優賞などを総なめ
  • NHKのドラマ「ひよっこ」「腐女子、うっかりゲイに告る」でお茶の間にも浸透
  • 20歳にして若手実力派女優として期待されている
  • 本名は非公開。学歴・家族・彼氏などの情報も極めて限定的

ラクダは考える

藤野涼子について調べるほどに、とあるマンガのキャラクターが頭に浮かんできます。

そう、それは美内すずえ氏原作「ガラスの仮面」の「北島マヤ」(^○^)

同作品は、「1000の仮面を持つ少女」と呼ばれるほど優れた演技力を持つ主人公が、様々な劇中劇に挑戦する中で成長していく物語。

多くの演劇界の人々が夢中になって読んだと言われています。

 

藤野涼子が14歳の若さで映画監督の目にとまり、長編映画の主役を射止めたエピソードは、まさに物語の主人公のよう。

20歳の若さでの大河ドラマレギュラー役を得て、さらに多くの人々の印象に残ることでしょう。

本名が非公開だったり、ご家族などの露出が少ないのも謎めいてますます魅力的。

 

映画や朝の連続ドラマなどは観られない多くの人々も、日曜夜8時の大河ドラマだけは観る、という人は多いもの。

ますます藤野涼子のファンが増えそうですね!

2021年大河ドラマ「青天を衝け」、楽しみに待ちたいと思います。

こちらの記事もオススメです↓

関連記事
渋沢栄一生家
岡田健史のプロフィールと経歴は?デビューのきっかけと大河ドラマ「青天を衝け」での役どころも!

続きを見る

関連記事
富岡製糸場
富岡製糸場と渋沢栄一との関わりとは|2021大河ドラマ「青天を衝け」のロケ地になる?

続きを見る

藤野涼子出演の作品が観られるU-NEXTの31日間無料プロモーションはこちら↓

U-NEXT31日間無料トライアル

広告

-話題
-

© 2020 街に住むラクダ Powered by AFFINGER5