マンガ・アニメ

NHKのジブリ新作アニメ「アーヤと魔女」はどんな内容?宮崎駿氏企画・初の完全3DCG!

  1. HOME >
  2. マンガ・アニメ >

NHKのジブリ新作アニメ「アーヤと魔女」はどんな内容?宮崎駿氏企画・初の完全3DCG!

2020年冬、スタジオジブリによる新作アニメがNHKで放送されます!

宮崎駿氏企画・宮崎吾朗監督「アーヤと魔女」。

ジブリ初の全編3D立体アニメーション作品となります。

広告

ジブリ新作「アーヤと魔女」とは

「アーヤと魔女」の原作は、「ハウルの動く城」で知られるイギリスの児童小説作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズ氏の児童小説。

魔女の家に引き取られることになった少女アーヤ。

魔法を教えてもらえると思っていたのに、意地悪な魔女に毎日こき使われてばかり。

そんな彼女は、ある日魔女の飼う黒猫トーマスの助けを借りて、魔女に立ち向かう呪文を作ることにしたのです。〜


スタジオジブリのプロデューサー、鈴木俊夫さんは語ります。↓

「『長くつ下のピッピ』が世界一強い女の子なら、『アーヤ』は世界一賢い女の子の物語です。憎たらしいけど、何故か可愛かわいいアーヤ。いろんな人に愛されることを願っています」とコメントを寄せている。(6月3日・Yahooニュース)

これは確かに宮崎アニメの原作のイメージにぴったり!

期待が膨らみます。

広告

ジブリ新作アニメ「アーヤと魔女」へのツイッターの声

とにかく楽しみ!という声多数。

当然ですよね!私もです!

ラクダは思い出す

明るい森林

NHKアニメといえば、あの懐かしい「未来少年コナン」が思い出されます。

まだ無名だった宮崎駿氏が監督した作品で、1978年に放映されました。

当時は「お堅い」NHKがアニメを放映するということに驚かれたものでした。

 

放映が始まってみれば、何しろ宮崎アニメ。

そのテレビアニメとは思えない圧倒的なクオリティに、私はさすがNHKだと感じいったものです。

あれから実に42年。

また宮崎アニメが、今度は3Dで制作されるのですね。

 

期待しないわけには参りません!

さらに詳しい続報を待ちたいと思います。

広告

-マンガ・アニメ

© 2020 街に住むラクダ Powered by AFFINGER5