政治

終戦の日に靖国神社に参拝した閣僚と政治家の名前(2020年8月15日)

  1. HOME >
  2. 政治 >

終戦の日に靖国神社に参拝した閣僚と政治家の名前(2020年8月15日)

2020年8月15日の終戦記念日。

安倍内閣の閣僚4人は靖国神社に参拝しました。

終戦の日の閣僚の参拝は2016年以来4年ぶり。

 

また、何人かの政治家がそれぞれの考えや主義主張に添って行動する日となりました。

今日のことを備忘録として残したいと思います。

広告

靖国神社に参拝した閣僚

8月15日午後16;15現在、靖国神社に参拝した閣僚は以下の4人の方々です。(50音順)

衛藤、高市、萩生田の各氏は私費で玉串料を奉納し、大臣の肩書を記したとされています。(朝日新聞)

靖国参拝した閣僚名

  • 衛藤晟一領土問題・内閣府特命担当大臣
  • 小泉進次郎環境大臣
  • 高市早苗総務大臣
  • 萩生田光一文部科学大臣

靖国参拝に関する衛藤晟一担当大臣のコメント

記者団の一部から「中国・韓国からの反発が予想されるが」との質問に対して。

「われわれの国の行事として慰霊を申し上げた。中国や韓国からいわれることではないはずだ。そういう質問のほうが異常だ。こういうことを七十何年間続けてもしようがないのではないか」と述べた。(産経新聞)

そういう質問そのものが異常だとの見解。

確かに、慰霊行事に対して外国にアレコレ言われる筋合いはない気がします!

毎年靖国参拝する小泉進次郎環境大臣のコメント

「平和に対する思い、不戦の誓いは一議員であろうと大臣であろうと変わらない。国のために尊い犠牲を払った人に心からの敬意と哀悼の誠をささげることは当然のことだ」と述べた。(産経新聞)

小泉進次郎氏は毎年終戦の日に合わせて参拝しています。

思えばお父様の純一郎氏もそうでした。紋付はかまで神社に乗り込み参拝したのが印象的でした。

ちなみに、環境大臣が靖国神社に参拝することは極めて珍しいのだそうです。

靖国参拝に関する高市早苗総務大臣のコメント

「閣僚であれ、そうでなくとも毎年お参りをしている」との高市氏。

「国家国民を守るために命をささげた方に感謝の思いを伝えるというのは、一人の日本人として続けていきたい」と述べた。

「国のために命をささげられた方をどのように慰霊をするかというのは、それぞれの国の国民が判断することだ。決して外交問題にしてはいけないし外交問題ではあり得ない」と語った。(産経新聞)

1人の政治家としての想いのこもったコメントですね。

靖国参拝に関する萩生田光一文部科学大臣のコメント

「尊い犠牲となられた先人の御霊に謹んで哀悼の誠をささげた。政治家として、恒久平和を次代にしっかりと守り抜いていく不戦の誓いを新たにした」と述べた。(産経新聞)

萩生田大臣は私費で玉串料を奉納しました。

広告

靖国参拝したその他の政治家

自民党の保守派議員を中心に多くの政治家が参拝しています。

靖国参拝した政治家

  • 稲田朋美幹事長代行
  • 氏が会長を務める「伝統と創造の会」メンバー11人
  • 高鳥修一筆頭副幹事長
  • 氏が代表世話人を務める「保守団結の会」
  • 佐藤正久自民党国防議連事務局長
  • 山田宏自民党参議院議員
  • 高木けい自民党衆議院議員

安倍晋三首相の靖国参拝に関する対応

安倍首相は15日、自民党総裁として靖国神社に私費で玉串料を奉納しました。

自身の参拝は見送り、高島修一氏が代納しました。

終戦の日の首相の玉串料奉納は8年連続。

「今日の平和の礎となられた戦没者の人々に対して、心から敬意と感謝の念をささげ、御霊の平安と恒久平和を祈ります」とのメッセージを託しました。

(産経新聞)

ラクダは考える

靖国神社

終戦の日に政治家が靖国神社に参拝することが大きく報道されるようになったのはいつからでしょうか。

本来、慰霊というのは個人的なもののはず。

参拝した、しなかった、それぞれが大きく報道されることそのものが少々、というかかなり違和感を感じます。

 

安倍首相が靖国神社に参拝したのは2013年12月の一度きり。

終戦の日を避けるなどの配慮をしたにもかかわらず、当時のオバマ政権から「失望」を表明され、世界中から大きな批判を浴びました。

以来、首相は一度も参拝できていません。

‥おかしくないですか?

い〜や絶対おかしい!o(`ω´ )o

 

日本の政治家が戦争で命を落とした人々の慰霊のための参拝をしただけで外国から批判される。

いつか、この「異常なこと(衛藤大臣)」が修正される日は来るのでしょうか。

そのために私たちは何をすれば良いのでしょうか。

終戦の日、私たち日本人一人ひとりがこの問題を真剣に捉え、少しでも状況がよくなっていくことを心から願っています。

広告

-政治

© 2020 街に住むラクダ Powered by AFFINGER5