政治

安倍首相辞任!ポスト安倍首相は誰が?次の総理大臣の候補者一覧

  1. HOME >
  2. 政治 >

安倍首相辞任!ポスト安倍首相は誰が?次の総理大臣の候補者一覧

8月28日金曜日、安倍総理大臣は体調悪化を理由に辞任を表明しました。

日本全国に衝撃が広がっています。

突然の発表ではありますが、次の日本の国の舵取りを誰かが担わなければなりません。

一体次の首相は誰になるのでしょうか!?

広告

ポスト安倍の最有力候補者の皆さん

現在の政界を見渡して、次の総理大臣最有力候補といえるのはこの方々ではないでしょうか。

ポスト安倍最有力候補

  • 菅義偉
  • 麻生太郎
  • 岸田文雄

菅義偉氏

言わずと知れた官房長官。

影に日向に首相を支え続けてきました。

渡米した際には官房長官としては異例の優遇を受けたことから、アメリカもネクスト総理大臣の可能性ありとみなしていると思われます。

年号が変わった際に令和のパネルを掲げたことから「令和おじさん」として若者にも知名度があり、可能性は高いと思われます。

麻生太郎氏

安倍首相の盟友とも。

高齢でしかも首相経験者でありながら、副首相兼財務大臣として政権を支えてきました。

独特の言い回しの「麻生節」で物議を醸したり、漢字を読むのがものすごく苦手などの特徴があります。

首相として政権の座にある時にリーマンショックが起き、自民党が下野する結果になったのは不運でした。

 

あまり知られていませんが英語が堪能で、英語でジョークを飛ばすことができます。

また射撃の腕前はオリンピック選手に選ばれるほどのもの。

「キングメーカー」の異名もとっていますが、高齢でもあり、仮に総理大臣に就任することがあっても暫定的なものになるのではないでしょうか。

岸田文雄氏

安倍首相が最も目をかけ、自らの後継にと願ってきた岸田氏。

ただご本人の印象がやや薄めというか、発信力にかける面があり知名度の点で課題がありそう。

最近ではコロナウィルス感染拡大の際、生活困窮者にのみ30万円を支給するという迷案を出してきて総スカンをくったお方。

結局公明党の「一律10万円支給」案にまとまり評価を下げました。

そんなワケでやや「持ってない」感のあるお方ではあります。

広告

ポスト安倍の有力候補者の皆さん

次にあげる方々も大いに可能性が高いです!

ポスト安倍有力候補

  • 石破茂
  • 河野太郎
  • 茂木敏充
  • 小泉進次郎
  • 加藤勝信
  • 西村康稔

石破茂氏

誰でも一度見たら忘れられない印象的な雰囲気のお方。

独特のネチっとした喋り方に特徴があります。

「ポスト安倍」の人気アンケートでは常に最上位で、特に自民党員に人気があります。

ただ首相との折り合いはイマイチで、麻生副総理には「一番次の総理にしちゃいけない人」と言われているとか。

確かに、しょっちゅう安倍さんを批判していたイメージがあります。

河野太郎氏

現防衛大臣の河野氏は、実は若者に大人気。

ツイッターフォロワー実に164万人。

発信力は現役閣僚の中では群を抜いており、ツイッターでの即レス(素早いレスポンス)から「河野大臣のエゴサ(エゴサーチ)」を逃れるプロジェクト」まで存在します。↓

関連記事
日の丸
河野太郎防衛大臣のツイッターが大人気の理由とは?お茶目で楽しいツイートまとめ

続きを見る

中国や韓国といった微妙な関係の国々にも「ビシッと言ってくれる」ことから右派の信頼も厚いです。

最近、皇位継承問題に関して「女系天皇も認めるべし」といった持論を持ち出し、一部保守層から批判を浴びました。

茂木敏充氏

茂木外務大臣は現在大活躍中です。

地味な外見と雰囲気ながら実務力とともに英語力があり、外務大臣の仕事にぴったり。

最近も英国との交渉をまとめてきた実績もあります。

自民党の総裁になる条件として「党の三役と外務大臣or財務大臣の経験者」という目安があり、その点では最有力候補ともいえます。

小泉進次郎氏

言わずと知れた小泉純一郎氏の子息で現環境大臣。「ポスト安倍」のアンケートでは常に高い順位を保っています。

ただ東京オリンピック誘致に貢献した滝川クリステル氏と結婚後、お尻に敷かれているという情報が出回っています。

環境大臣として初めて臨んだ国際会議で「環境問題はセクシー」という迷言を残し、世界の失笑を浴びました。

2020年8月15日には靖国神社に参拝し、一部保守派からの評価を上げました。

加藤勝信氏

‥‥誰?

いえホラ、厚生労働大臣でいらっしゃいますよ。

コロナ禍の日本の厚生労働大臣としてはなぜか印象が薄く、つい忘れそうになりますが。

そのほかにもつい忘れがちですが、「働き方改革担当大臣」というのもやっています。

意外にこういう地味な方がさらって行ったりするものなんですよね。

西村康稔氏

ニュースではコロナウィルス関連の報道が中心となるなか、彼の姿をテレビで見ない日はありません。

経済再生担当大臣という立派な肩書があるにもかかわらず「西村コロナ相」という名前で呼ばれることもしばしば。

サラリーマン家庭の出身で、灘高→東大法学部→通商産業省というピカピカの経歴と、エリート然とした容姿から女性の人気が高いのが特徴です。

まだ外務大臣・財務大臣などの重量級の閣僚を務めた経験がないので、その政治力は未知数と言えます。

ポスト安倍・ツイッターの反応

https://twitter.com/kei_politics/status/1299221439044673537?s=21

ラクダは考える

安倍総理辞任の報を聞き、心の底から驚きました。

確かに体調不安説はありましたが、3日間の自宅静養を経て官邸に戻ってきた時はいつも通りの安倍さんだと感じていたので‥。

 

2012年に発足した安倍内閣は、東日本大震災で傷ついた我が国を立て直すことに成功しました。

アベノミクスの掛け声によって株価も上がり、政権基盤が安定していたことから「安倍一強」と呼ばれました。

在任期間が長く、トランプ大統領との良好な関係は日本の国益に大いに貢献したのではないかと思います。

 

安倍首相の辞任は残念ではありますが、今は病気の治療に専念され、さらに機会があったらまたこの国を支えて頂きたいと思います。

そして、次の総理大臣になる方が、安倍さんのように日本の国益を第一に考える政治家であることを心から願っています。

 

こちらの記事もおすすめです↓

関連記事
国会議事堂
2020自民党総裁選挙に出馬する政治家の顔ぶれと評判まとめ|対中国・保守orリベラル・経済政策は?

続きを見る

関連記事
自民党本部
ポスト安倍最有力!菅・石破・岸田各氏の拉致問題・憲法改正・「女系天皇」に対する政策比較まとめ

続きを見る

広告

-政治

© 2020 街に住むラクダ Powered by AFFINGER5