フラ

フラダンス教室の選び方と探し方|後悔しないためのコツと注意点を目標ごとに解説!

  1. HOME >
  2. 学び >
  3. フラ >

フラダンス教室の選び方と探し方|後悔しないためのコツと注意点を目標ごとに解説!

フラ(ダンス)を習うとき、大切なのは教室選びです。

気軽なサークルのような和気藹々としたクラスもあれば、厳粛でスピリチュアルな雰囲気に満ちた教室も。

子供や若いママさん中心の賑やかな教室もあれば、コンペ出場に向けて厳しい練習を積み切磋琢磨する本格的な教室まで、タイプは実に様々。

 

あなたが習いたいフラはどんなタイプでしょうか?

どんな教室に習いに行けば希望を叶えることができるでしょうか?

ご一緒に考えてみましょう!

広告

フラダンス教室選びのコツ

プルメリア

フラを習う目標を設定

フラダンス教室選びのポイントのひとつは、何のためにフラを習うのか、どんなフラを踊りたいのか、自分の希望や目標を意識しておくこと。

フラは他のダンスと違い、先生の経歴ごとに流儀や流派があって教室間の移動がしにくいため、最初からある程度方針を決めておくと後悔しません。

あなたがフラに何を求めるのかしっかりと意識していれば選びやすいもの。

例えば、こんな希望や目標が考えられますね。

  • 広くてきれいな教室や更衣室完備など、リッチで快適な環境で踊りたい
  • 基礎基本からしっかり学んで上達したい
  • 趣味の一つとして費用を抑えながら楽しく踊りたい
  • 街中のショッピングモールなど、注目を浴びる場所で踊ってみたい

上達に主眼を置くか、楽しさを追求するか、ここは思案のしどころです。

教室の規模を考慮

フラを習うにあたり、教室の規模は重要な要素。

生徒数が何百人にものぼるような規模の大きな教室と、少人数でささやかに活動しているところでは雰囲気が全く違います

それぞれ以下のような特徴があります。

規模の小さいフラ教室

  • 生徒総数が数十人未満
  • 先生が一人で運営している
  • レベルによるクラス分けがない・少ない
  • 年齢によるクラス分けがない・少ない
  • 指導方針は先生の一存で決まる

規模の大きなフラ教室

  • 生徒総数数百人〜1000人規模のところも
  • 代表の先生以下、複数のインストラクターがいる
  • 入門・初級・中級など、レベルにより細かくクラス分けされている
  • 年齢により細かくクラス分けされている
  • フラショーやコンペティション出場を意識するため、クラスにより指導方針は厳しめ

ざっくりですが、教室の規模により上のような傾向にあると言えます。

厳しいレッスンを受けるよりもお稽古ごととして楽しくフラを踊りたい人は小規模教室、基本からしっかり学びたいなら規模の大きな教室が希望に近い雰囲気

ただ、小規模でも戒律に厳しい教室や、大規模教室でもエンジョイクラスなら厳しく指導されないなど、いろいろなタイプがあります。

ぜひ体験レッスンを受けてから入室を検討することをおすすめします。

ところで、教室のタイプによってフラダンスにかかる費用は大きく違います。こちらの記事に詳しいです↓

関連記事
パウスカートとレイ
フラダンスにかかる費用の目安は?教室のタイプ別 入会金・月謝の相場とその他の金額まとめ

続きを見る

広告

フラダンス教室選びの注意点

フラのイメージ

フラダンスの教室を選ぶ時には、ぜひYouTubeやInstagramを参考にしましょう。それぞれの教室の雰囲気や特徴がよくわかります。

また現在はコロナにより下火ですが、デパートなどで行われる各教室のフライベントはとても参考になります。

色々なグループの動画を見ていくうちに、あなたの好きなタイプのフラを学べる教室か、いまいち興味がわいてこないタイプかが見えてくるハズ。

特に、以下の点に注意しながら観察してみましょう。

教室選びのポイント

  • 衣装
  • 群舞の完成度
  • 年齢層と雰囲気

衣装

フラを踊る上で衣装はとても大切な要素。どんなに素敵な踊りでも、衣装のセンスが残念だと踊り手のモチベーションに影響します(笑)。

ただ、次々と豪華な衣装が披露される教室は当然ながら衣装代がかかります

素敵な衣装で踊りたいのならある程度予算に余裕をみておいた方が良いでしょう。

群舞の完成度

群舞の完成度とは、要はダンサーたちの動きが揃っているかどうか。フラはほとんどの場合集団で踊りますので、そろっていれば美しく見えます。

複数のダンサーが一糸乱れぬフラを披露する教室は、基礎基本をしっかりと、ある程度の厳格さを持って指導しているということ。

一人違う動きをしていたら当然厳しく注意されることもあります。

逆にいまいちそろっていない教室はフラを楽しむことが目的で運営されていて、厳しく指導されることは少ないでしょう。

「厳しく指導されるのはイヤだけどきれいにそろえて踊りたい」というのはなかなか難しいという現実があるので、ここは考えどころです。

年齢層と雰囲気

各動画のサムネイル画面やショーイベントの最初に出てくるグループは、その教室が力を入れて指導していることが多いもの。

早いタイミングで子供たちがわらわら〜っと出てくるのはケイキ(キッズ)重視の教室で、若いママさんも多く気軽で賑やかな雰囲気。

逆に年配の女性がゆったり踊るグループばかりの教室もありますし、お祈りの詠唱だけで踊るカヒコ(古典フラ)がトップにくるのは本格的な教室であることをアピールしています。

 

ひとつひとつウェブサイトを確認するのが面倒な人には、習い事検索サイト「EPARKスクール」がおすすめ。

トップ画面の「レッスンを検索・ジャンルを探す」から入り、「ダンス」という項目の「フラダンス」をクリックしてみて下さい。

各教室のサムネイル画像から、それぞれの教室の特徴がひと目でわかります。

↓子供の指導に力を入れる教室、若い女性の多い教室、イベントに力を注ぐ教室など、色々な雰囲気が読み取れますので教室探しにおすすめです。

無料体験レッスン多数掲載!習い事探すならEPARKスクール

目標別フラダンス教室の探し方

フラの練習

ご自身の好みのタイプのフラがなんとなくわかったら、いよいよ教室探し。以下探し方のコツをご紹介します。

快適な環境で息長く続けていきたい人

せっかくフラダンスを習うなら、駅前のきれいな建物の中、広い教室や更衣室が完備されるなどリッチで快適な環境のもとで練習したい。

そんなあなたには、各地ジムのフラダンスクラスやデパートのカルチャーセンターがぴったりです。

ここではあなたは「生徒」ではなく「お客様」。

当然ながら先生から厳しく注意されることもなく、思い思いのパウスカート(練習用スカート)を履いて楽しく踊ることができます。

フラの上達は望めませんが、ちょっとリッチな趣味として長く続けていくことができそう。

 

デパートのカルチャーセンターには高い確率でフラダンスのクラスがありますが、費用が高くなりがちなのが玉に瑕。

おすすめはスポーツジム。フラの他にも色々なクラスがあり、マシンなども使えておトクです。

なお、ジムによってはフラダンスクラスのない支部がありますので必ず問い合わせを。

基本からしっかり学びたい人

基礎基本からしっかりフラを学んで上達し、いずれはレベルの高いイベントやコンペティションにも出てみたい。

そんなあなたの味方はGoogle検索です。

 

「フラダンス 〇〇(地名)」と入力して検索してみて下さい。ズラ〜っと地域のフラダンス教室の名前が出てくるはず。

片っ端からアクセスし、ある程度規模の大きい教室をピックアップ

それらの教室名で検索すると、YouTubeなどに挙げられた動画が出てくるはずですので、先程の「教室選びの注意点」を参考に視聴してみて下さい。

納得がいけば問い合わせのメールをしたのちに体験レッスンという流れになります。

 

ここでのキモは、「規模の大きな教室を選ぶこと」。

生徒数の多い教室はレベルや年齢による区分がしっかりしており、初心者と中級者を同じクラスで教えることはまずありません

フラの上達を目指すなら、レベルのあったクラスで学ぶことが絶対条件。

さらに、例えば「フラダンス 新宿」よりも「フラダンス 東京」などのように地域名を広く設定すると選択肢は増え、よりレベルの高い教室に出会うことができます。

費用をおさえて楽しく習いたい人

趣味として楽しく、できるだけ費用を抑えてフラを習いたいなら、お近くのフラサークルや小さめのフラダンス教室を探すのが一番。

生徒数が少ないので指導方針はマイルドなことが多く、月謝も低めに設定されています。

経験によるレベル分けなどせずに教えられることも多いため、多くの仲間と交流しつつ楽しくフラダンスを習うのにぴったりです。

 

こうした教室を探すとき、Google検索でも良いですが、小さい教室はあまり上に上がってこない傾向があります。

この場合、お住まいの地域が発行するミニコミ紙や、地域ニュースをのせたフリーペーパーなどが参考になります

割と隅の方に「フラダンス新クラス◯月開講!」のようなタイトルで新たな生徒募集広告を打っていることが多いので、メールや電話で問い合わせをしてみましょう。

各地域の行政が支援する教室もあります。お住まいの地区の区役所などに問い合わせをしてみるのも良いですね。

街中などで踊って注目を浴びたい人

街中のショッピングモールやメジャーな公園施設などで、近隣のフラ教室のミニショーが行われることがあります。

各地のデパートの催し物会場のほか、首都圏ではお台場のイベント(2021年はオンライン)や横浜の大桟橋、山下公園などでのイベントが有名でした。

コロナウィルス感染拡大が落ち着いてきた昨今、再びイベントを行うべく機運が盛り上がってきているようです。

 

教室外でのフラのイベントに出演するには、規模の大きなフラダンス教室の中級以上のクラスに入るのが正攻法です。

ただメジャーなイベントであるほど出たい人も多いので競争率が高く、レベルの高い教室ほど選ばれるのはなかなか大変。

おすすめしたいのは前述の習い事検索サイト「EPARKスクール」

それほど規模が大きくなくても各種イベントに力を入れている教室というのはあるものです。

↓イベントの有無のほか先生の経歴や教室の口コミ、体験レッスンへの流れ、料金などがひと目でわかりますのでぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめフラ教室の検索はこちらから/EPARKスクール

まとめ

ハワイの花

  • フラダンス教室選びには目標設定が大切
  • 教室の規模によってフラダンス教室の雰囲気は異なる
  • フラダンス教室選びには・衣装・群舞の完成度・年齢層と雰囲気を考慮する
  • 快適に習いたい人はスポーツジムやカルチャーセンターのフラダンスクラスがおすすめ
  • 基本から学びたい人は大規模な教室でレベルに合った指導を受ける
  • 費用をおさえたい人は地域のフラサークルや小さい教室がおすすめ
  • メジャーなイベントで踊りたい人は大規模教室の中級クラス以上に入るか検索サイトで雰囲気を探る

フラダンス教室の選び方と、それぞれの目標に合った探し方をお伝えしました。

 

フラが他のダンスと違う点は、先生の経歴により教室ごとに「流儀」があり、踊り方やステップの踏み方に大きな違いがあることです。

ちょうど茶道や華道における「流派」のようなもので、教室間を気軽に移動しにくいのがフラの特徴

何しろ基本的なステップの名前からして違うので、フラの教室選びは他のダンスよりも慎重に決める必要があるのですね。

 

この記事を読んでくださったあなたが、ご自身にぴったりのフラダンス教室を見つけられることを願っています!(^○^)

おすすめフラ教室の検索はこちらから↓

EPARKスクールなら受講後の口コミ投稿で2,000円プレゼント


フラは年齢や年代によって美しさの変わる魅力的な踊り。いくつになっても美しく踊るためのポイントはこちらから↓

関連記事
フラのレイ
フラダンスの年齢別楽しみ方|何歳から何歳まで踊れる?年齢制限はあるの?

続きを見る

フラダンスの魅力の秘密とは?日本人に人気の理由を考察してみました↓

関連記事
フラダンスのイメージ
フラダンスの魅力の秘密とは?人気の理由と最大のメリットを元インストラクターが解説!

続きを見る

フラにかかる費用の目安は?気になるあなたはこちらからGO!↓

関連記事
パウスカートとレイ
フラダンスにかかる費用の目安は?教室のタイプ別 入会金・月謝の相場とその他の金額まとめ

続きを見る

広告

こちらの記事もよく読まれています

-フラ

© 2021 街に住むラクダ Powered by AFFINGER5