政治

小池百合子氏都知事選圧勝に対するネットの反応まとめ|不支持意見多数!コロナ対策への不安も

  1. HOME >
  2. 政治 >

小池百合子氏都知事選圧勝に対するネットの反応まとめ|不支持意見多数!コロナ対策への不安も

7月5日に行われた東京都知事選挙で、現職の小池百合子氏が366万票を得て圧勝したのは記憶に新しいところです。

告示に先立った5月29日、ノンフィクション作家石井妙子氏による労作「女帝 小池百合子」が出版され、大きな話題となりました。

小池氏を厳しく糾弾する衝撃的な内容で、一部品切れとなるベストセラーになっています。

 

ただ、この作品の内容は小池氏の再選にほとんど影響を与えなかったように見えます。

多くの有権者が都政について現状維持を選び、小池氏は再選されました。

投票日から1週間弱、10日現在のツイッターの反応を追ってみたいと思います。

広告

小池百合子氏の再選を支持する声

素直に現職の再選を祝う人々。

比較的若いと思われる女性の方のツイートが目につきました。

「小池さんおめでとうございます!2期目も頑張ってください」のような一般的なツイートがほとんど。

正直、小池氏を熱烈に支持するツイートを探すのが困難でした

「有権者は消去法で小池氏に投票した」との一部の論評を裏付けるものと感じました。

広告

小池百合子氏の再選に複雑な目を向ける人々の声

「女帝 小池百合子」を持ち出さずとも小池氏の再選に複雑・微妙な反応を見せるツイートは実に多かったです。

最後の方のツイート面白いですね。 「うるせえ」と一言(笑)。

確かにフレイルなワイドスペンディングの他にも、アウフヘーベンやウィズコロナなどの謎フレーズが耳に残っています。

 

また、「可愛いから」「ステキだから」「テレビでよく見かけるから」などの理由で小池氏に投票した人々の、政治参加意識の低さを嘆く意見も散見できました。

小池百合子氏の再選に批判的な人々

小池百合子氏に批判的な人々のツイートはたくさんあり、選ぶのが大変でした。

また、小池氏のコロナ対策の不備を指摘するツイートも多くみられました

小池百合子氏の今後の動向を注視する声

「小池百合子氏がこのまま都知事で終わって満足するわけがない、必ずなんらかの手段で国政に出てくるはずだ。その時が恐ろしい」という声もかなりありました。

https://twitter.com/nabe10101948/status/1280361761804177411?s=21

実に賑やかです。

これらの意見を持つ人は、小池氏が任期をまっとうする可能性は極めて低く、もはや「いつ都政を投げ出すのか?」ということに興味が移っている模様。

ラクダもほぼこの意見に賛成です。

ラクダは考える

マスクをしたぬいぐるみ

私は、今回の都知事選では、特に「小池氏がどんな勝ち方をするか」に興味があり、ずっとウォッチ してきました。

結果はご覧の通り。

まだまだこの国ではテレビの力が強く、ほぼ毎日ゴールデンタイムのお茶の間に出演していた小池氏の圧勝となりました。

服装とマスクとの巧みなコーディネート、掲げるパネルの色まで計算された小池氏の派手なパフォーマンスは、特に女性たちの共感を呼びました。

 

少し注意して調べれば、小池氏の弱者への冷ややかな態度や政治公約への不誠実さを指摘する声は枚挙にいとまがありません。

小池百合子氏は、まさに「自分ファースト」という言葉がぴったりの人であり、自身をアピールすることにのみ長けた、本来は政治家に不向きな性質の人と考えています。

ただ、このまま小池氏が都知事のままで政治家としての活動を終えるなら、問題は都政の中だけで収まります(それでも首都なので影響は大きいですが)。

 

ですが、もし彼女が本当に首相を狙っているとしたら、正直恐ろしい。

1億3000万人近い人口を持つ日本という大国を率いるだけの器量も覚悟もなく、ただ「初の女性首相になりたい」だけの総理大臣が誕生することになります。

その時、この老い行く国はどうなってしまうのでしょうか。

 

そんなことにならないようにとの願いからこの記事を書いています。

一人でも多くの人に小池百合子氏の本当の姿を知っていただくために、この本お読みくださることを強く願っています。

 

✳︎7月10日現在、AmazonのKindle版でのみお求めいただけます。

こちらの記事もおすすめです。↓

関連記事
都庁第一本庁舎
小池百合子氏が「自分ファースト」でも圧勝した理由|女性たちの心をつかんだ方法とは

続きを見る

 

広告

-政治
-

© 2020 街に住むラクダ Powered by AFFINGER5